ジオードのおすすめ

  • ひと
  • もの
  • こと
  • ところ

ミオ・バールの存在

ミオ・バールの存在

ここがおすすめ!

19歳の頃。

「イタリアのBARを楽しむ」
(林茂 著/三田出版会)という本と運命的な出会いをした。

〜誰もが自分の生活環境のなかに、1020BARはざっと見て知っている〜

〜ほとんどの場合、イタリア人は
 "ミオ・バール Mio Bar(自分のバール)"を決めており、そこに集まる〜

なんて書かれているものだから、それはもう衝撃的で。

「本場イタリアのバール文化を知りたい!」とひとりイタリアへ。
降り立った地が、なぜだかシチリア、そしてナポリだったが
3ヶ月どっぷり、バール文化を楽しみ、
その後も足繁く南イタリアへ通ったものだ。

大阪に住む私にとっての"Mio Bar(ミオ・バール)"が
京町堀にある「Punto e Linea (プント エ リーネア)」。
私が関西で、最もイタリアのバールを感じる場所だ。

現地事情に精通している店主と本場のバール談義、これが面白く
いつおじゃましても、「まいどです〜」な常連客や常連シェフ達の姿があり、
さまざまな情報交換も楽しみのひとつ。

ランチ後、エスプレッソやカプチーノをサクッと飲みに行くこともあれば
ディナー前のアペティティーヴォにカクテルを、
食事の後、食後酒をいただきに...と、1日を通して、あらゆるタイミングで伺っている。

イタリア人みたいに、お気に入りのバールを
10
20も持つことはできないかもしれない。ここは日本だから(笑)。
だけど、いつ行っても和めたり、疲れた身体をリセットできるようなバール
(カフェやワインバー、バーなども視野に入れ)を
これからも、探し続けたいと思う。


靭公園

靭公園

ここがおすすめ!

この季節になると、休日の日中は「靭公園」で過ごすことが多い。

大阪市西区靱本町という街中にありながら、桜、バラ園、ケヤキ並木があり
四季を通じて色んな楽しみ方ができる。
噴水で遊ぶ子供、犬を散歩させる人、日光浴を愉しむ人...

ゆっくり、まったりした贅沢な時間がここには流れている。


「靭公園」
大阪市西区靱本町2-1-4

Exhibition "MINGEI" Another Kind of Art展

Exhibition

ここがおすすめ!

先日、東京出張の際、アートの世界にいる先輩に連れて行っていただいたexhibition。 「民藝」という分野のことをあまりよく理解できていなかったのですが、先輩の説明のおかげで、しっくりときて、より展覧会を楽しむことができました。民藝は、民衆的工芸のことであり、日常の生活の中でつかうなにげないもの。柳宗理のおなべやスプーンなどは使ったことがありましたが、その柳宗理の父である柳宗悦、河井寛次郎、濱田庄司がつくりあげた言葉だそうです。日本各地、それぞれの生活の中で培われてきた日常の道具。それが、プロダクトデザイナーである深澤直人さんの目をとおして、選ばれ、展示されていました。日々使う道具に対する愛情を改めて感じ、自分自身の生活ももう一度考えるきっかけになりました。大阪の日本民芸館や、上京の際には、駒場の日本民芸館にも行ってみたいと思います。


 

民藝 Another Kind of Artは、2019224日まで、六本木ミッドタウン横の21_21 Desigh Sightにて開催中。


「岸野寛 陶展」

「岸野寛 陶展」

ここがおすすめ!

陶芸家の岸野寛さんが1117日から25日まで、京都の「ぎゃらりぃ思文閣」で「岸野寛 陶展」を開催される。岸野さんは京都出身(1975年生まれ)、京都市立銅駝美術工芸高校を卒業後、伊賀の福森雅武さん(土楽窯)で10年修業を重ね、丸柱で独立、焼き〆、白釉、志野、井戸等々多彩な作風で人気を集める陶芸家。全国の百貨店などで毎年展覧会を開催し、料理人からも大きな支持を集めている。

岸野さんは、料理人の希望を受けて器を作るというより、展覧会ベースで料理人が気に入った作品を購入するというスタイルである。

2011年、2013年に「ぎゃらりぃ思文閣」で約1000点の作品を出展し話題を集めたが、今回は前回同様多数の作品が並ぶ。日常遣いの器から大きな作品までバリエーション豊かな作品が楽しめる。

https://www.shibunkaku.co.jp/exhibition/list/kishino2018/

御堂筋イルミネーション

御堂筋イルミネーション

ここがおすすめ!


事務所から東に2分歩くとそこは御堂筋。
毎年このイルミネーションを見ると「あぁ冬が来たな」と思う。

大阪のシンボルストリートである御堂筋。
梅田から難波までの全長4kmのイルミネーションは
今年で10年目を迎えるんだとか。

今年は「流」をコンセプトに装飾されたイルミネーション。
"流れる光"の空間を体感できる御堂筋、おすすめです!



開催日程:2018/11/4(日)-12/31(月)( 58日間 )
点灯時間:17:00頃-23:00
開催場所:御堂筋(阪神前交差点-難波西口交差点)

日常に溶け込む、古き「芝川ビル」

日常に溶け込む、古き「芝川ビル」

ここがおすすめ!

ジオード事務所近くにある「芝川ビル」。

1927年に竣工されたそのビルは、登録有形文化財に指定されているだけあり

美しくも歴史を感じられる佇まいだ。

 

レトロな建物だが、今もなお、喫茶・飲食店をはじめ

眼鏡屋・ブティック・アンティーク時計屋など、

さまざまなテナントが軒を連ねるビルとして日常にしっかり溶け込んでいる。

 

ジオードスタッフも、ランチに、手土産の購入にとたびたび足を運ぶ。

ビルに足を踏み入れるたびに感じる、その"タイムスリップ"したような感覚に

いつも心がはずみます。

 

8月には、ビル内にコッペパン専門店がオープンし

さっそくランチ候補に追加☆

これまた足を運ぶ機会が増えそうです。

 

 

「芝川ビル」

大阪市中央区伏見町3-3-3

「食」でチャレンジしたい人は「OSAKA FOOD LAB」へ!

「食」でチャレンジしたい人は「OSAKA FOOD LAB」へ!

ここがおすすめ!

大阪・中津の阪急高架下に誕生した「OSAKA FOOD LAB」。
ここは、「食ビジネス」に特化したインキュベーションオフィス。
=食の分野での独立開業、起業する人たちを支援する施設です。

ご存知の方も多いだろう。
昨年10月、NY・ブルックリン発祥のフードマーケット
「スモーガスバーグ大阪」が開催された場所だ。

本場ブルックリンでは、このフードマーケットが
インキュベーション(新規事業支援)の役割を担っていて、
出店がきっかけで、店舗を構えるまでに成長するケースも多く見られるとか。


施設内には、キッチン設備付きの屋台風コンテナが3つあり、
ここで数ヶ月、自分の店を出して、
人気飲食店の店主をはじめとしたその道のプロの
指導を受けたりすることもできるのです。

将来、飲食店を開きたい方は独立前のトライアルの期間として、
はたまた、新メニューや新業態をテストする場として、
このスペースを活用してみてはいかがでしょう?


なお「OSAKA FOOD LAB 」では
9/14(金)〜16(日)の3日間、「スモーガスバーグ大阪2018」が開催されます。
こちらにもぜひ、足を運んでみてください。

「スモーガスバーグ大阪2018」
9/14(金)〜16(日)11:00〜20:00LO
入場無料(飲食代別途)




「OSAKA FOOD LAB」
大阪市北区中津1-1-36 阪急高架下
主催/阪急電鉄
企画運営/Office musubi

http://www.osakafoodlab.com/

毎月第2土曜に開催! 「北新地 GREEN MARKET」

毎月第2土曜に開催! 「北新地 GREEN MARKET」

ここがおすすめ!

大阪「ル シュクレクール 北新地」のテラスにて
毎月第2土曜に開催している
"北新地 GREEN MARKET(グリーンマーケット)"。

野菜や果物、ワインをはじめとする生産者さんたちが
全国各地から集う、"パン屋さんの軒下マルシェ"だ。
「ル シュクレクール」オーナーシェフ・岩永歩シェフの想いに賛同された
生産者さんそれぞれが、アツい想いを持ち集まっている。


何が楽しみって、毎月「毎度です〜」といったノリで
生産者の皆さんと触れ合えること。

季節ごとに収穫した、新鮮な素材を購入できることはもちろん、
土づくりについて、栽培についてなど、生産者ならではの話から
ともすれば今夜のディナーの相談にものってくれる。そんな
作り手と食べ手の、密なコミュニケーションがここには存在する。

信念をしっかりと持った生産者さんたちのお話に
耳を傾けるのが楽しくって。

しかも。生産者が育んだ食材を使ったお料理や、
作り手の個性が反映されたワインを味わうことができたり、
シュクレクールのパンを購入し、テラス席で味わうといった
プラスαのおいしい楽しみが、ぎゅっと集結しているのです。

5月は12日(土)、6月9日(土)以降も毎月第2土曜に開かれているので
皆さんぜひ、足を運んでください。


「北新地 GREEN MARKET」
大阪市北区堂島浜1-2-1 新ダイビル1F
「ル シュクレクール 北新地」前テラススペース
open:10:00〜17:00

テラス

テラス

ここがおすすめ!

今年は例年より10日も早い桜の開花!
4月初旬で、もう葉桜の季節を迎えてしまいました。

本日はジオードのテラスのご紹介です♪
春はポカポカ陽気を、秋には満月を楽しませてくれるこのテラス。

この時期にご来社くださるお客様とも、たまに会議をさせて頂いたり
スタッフがお茶を飲みながら休憩したり... 憩いのスポットです!

オフィスランチ

オフィスランチ

ここがおすすめ!

ジオードではたまにランチを兼ねて試作・試飲を行います。
今日は最近料理に目覚めたスタッフによる「豆乳餡かけ炒飯」☆

「塩味が足りない...」
「〇〇の味が濃すぎる...」
「次はこの具材でやってみる?」

などなど忌憚のない意見が飛び交います。
新店探しも楽しいのですが、私はこのオフィスランチの時間も大好きなのです。


フードコラムニスト門上武司のおいしいコラム

  • ジオード・スタッフがお贈りするおすすめのアレコレ!
  • 個性派揃いのジオード・スタッフをご紹介
  • 関西食文化研究会
  • 大人の愉しい「食」マガジン あまから手帖
  • ALL JAPAN FOOD Association 一般社団法人 全日本・食学会